FC2ブログ
地震でエスカレーターが落下
今日から12月ですね。かなり寒くなりました。
ブログの更新が大分遅れてしまいました・・・すみませんm(__)m

さて、今日は衝撃的なニュースを目にしました。

3月11日の大地震とその余震で、仙台や福島の商業施設(3店舗)で、なんとエスカレーター4基が落下していたのだそうです。

「下層のエスカレーターを押し潰す様に落ちた」と書かれていました。
想像しただけでも恐ろしい状況です。
幸いにも けが人はいなかったとのことで、本当に良かったです。

エスカレーターが落下したこと自体もかなり驚きですが、それより、そのことが今日まで明らかにされていなかったことも驚きです。
業界団体、政治力が働いたのでしょうか・・・?

エスカレーターというのは、上下階の梁に金具で引っ掛け、片側は梁に固定し、もう片側は固定せず、地震で建物が変形しても、エスカレーターに無理な力が加わらないようフリーな状態にしてあります。

フリーになっている側の、梁とエスカレーターの掛りしろは、国で基準を定めています。
今回は、その基準に照らして明らかな設計ミスや施工ミスはなかったと言われています。
(基準を超える「想定外の」大きな動きがあったのでしょうか?)

一方で、ある施設では設計と異なる方法で施工されていたことが判明している、との話もあり、大地震だけが落下の原因ではないとの見方もあるようです。

大震災以降、私たちが調査した首都圏の建物でも、エスカレーターの周りの床材が割れるなど、地震でエスカレーターが大きく揺れたことによる被害がいくつかみられました。
その時はまさか、落下したものがあったなどとは思ってもいませんでした。

国は今、基準の見直し・落下防止対策の義務付けを検討しているとのことです。
対策の義務付けが決まれば、建物オーナーにとっては多くの費用負担が生じます。
また、実際の工事となると、費用・工事時期などいろいろな問題があると思われますが、不特定多数の人々が日常的に利用する設備ですので、安全性の確保には最善を尽くしていただきたいと思います。

それにしても、今回 けが人が出なかったことは 本当に奇跡的なことだったと思います。


[2011/12/01 18:35] | 建築関連ニュース考察 | page top
日本酒に数滴。。。
8月ももう終わりですが、まだまだ日中は蒸し暑く、仕事を終えてからのビールが美味しい陽気に変りはありません。

先日、知人の実家で採れたという「かぼす」をいただきました。
しかもダンボールいっぱい!

kabosu

さぁ、こんなにたくさんどうやっていただこう(^^ゞ


かぼすといえば、焼き魚に絞ってかけたり、鍋物のつけ汁に絞って入れたりするものですよね。
あとは鯛やホタテの刺身に絞ったり・・・。
お酒好きな人なら「かぼすサワー」なんかも思いつきますよね。

で、焼酎にかぼすが合うのなら・・・・・ と、思いついたのが「冷酒にかぼす」です(^^)

これがバッチリ合ったんです!!
暑い夏にピッタリの爽やかな飲み口になったんです。
お猪口に1~2滴で、香り高い吟醸風。(ちょっと褒め過ぎ?)
4~5滴いくと、まるでかぼすサワー。

邪道な飲み方で、蔵元さんには申し訳けないのですが、ビールやサワー系のお酒と比べ、夏にはちょっと重たいイメージのある日本酒ですが、かぼすの爽やかな柑橘系の香りとほのかな酸味が見事にその重さを中和してくれるんです!

sake


ぐいぐいとイケてしまいます。
辛口・淡麗系よりは、原酒や山廃などガッシリ系の日本酒に氷を浮かべ、そこに2~3滴がいいのではと思いました。

日本酒好きの方、また、日本酒はちょっと苦手という方も、ぜひぜひ一度 だまされたと思ってやってみてください!
結構やみつきになります(^^)/






[2011/08/28 21:10] | スタッフの趣味日記 | page top
図面と現地の食い違い
建物調査をしていて、図面と現地の状況が違うと言うことは
よくあることなのですが、竣工図(建物竣工時点の状態を表す図面)と
現地の状況が合っていないというケースがありました。

なんと、構造的に重要な1階の端部の『耐力壁』が構造図にはあるのに
実際はないのです。
壁がなく柱だけの、いわゆるピロティ形式になってしまっていました。
工事途中で設計変更して、梁を補強するなど、耐力壁を無くす代わりの
対策が取られていれば問題ないのですが、検査済証も取得していないため
適切な対処がされたかどうかも定かではありません。

ピロティ形式といえば、1階に壁がなく柱だけの開放的な空間ですが、
阪神大震災では多くの建物が倒壊する被害がでています。

ピロティ


しかし逆に、東日本大震災では、沿岸部にあるピロティ形式の建物は流失を免れ、
再使用できる状態で多く残っている、との学会報告も出ています。
これは、1階に壁がないことで津波の力を受ける面積が少なくなるため
ではないかと分析されています。

<津波に強かったピロティ>

私たちが調査した建物は、沿岸部にある訳ではないので、
津波に見舞われる可能性は極めて低い状況にあります。
なので、やはり構造図に『耐力壁』として存在している壁がないことに
不安を抱きます。
実際その部分の梁の下端にはひび割れが入っていました。
補強など、適切な対処が行われることを望みます。

建物調査をしていると、思いもよらない事態に出くわすことがあります。
そしてこう思うのです。。。
「よくこれで、あの大地震で倒れなかったなぁ・・・」と。

地震による建物被害は、揺れの方向、横揺れ・縦揺れなど、
被害をもたらす要因はその時々で、また建物の状態で違ってきます。
上で述べたような建物も、たまたま偶然、被害を免れたのかも知れません・・・。



[2011/08/10 12:20] | 建物調査あれこれ | page top
基礎のひび割れ
最近、住宅基礎のひび割れについての問合せが増えています。
「3月の大震災で、家の基礎に多くのひび割れが入りました。心配なのでみて下さい。」というものです。
東京都心で震度5強という、自分もこれまでに経験したことのないような激しい揺れ。
会社が入居している11階建ての、築40数年という建物で遭遇した時には、建築関係者といえども恐怖と不安を感じたものです。
建築に詳しくない一般の方がご自宅を点検し、基礎にいくつもひび割れが見られたら、それはそれは心配でたまらないと思います。

でも、ひび割れの全てが「危険なもの!」「今すぐ直さなければならないもの!」 と思わなくて大丈夫です。
慌てて、くれぐれも悪徳業者などに引っかからないで下さい!

先週、調査に伺った世田谷のある住宅のひび割れはこのようなものでした↓↓↓
ひび割れ1

ひび割れ2

こんなひび割れや脱落があったら、さぞかし心配だったろうなぁと思うようなものでした。
これらのひび割れは、建物の四周全てに見られました。
しかし、現地で叩いてみたり、一部 表面のモルタルを剥がしてみたところ、基礎コンクリート自体にはひび割れは無かったのです。

上の写真で見られたひび割れは、基礎コンクリートの外側に「お化粧」として塗られているモルタルにひびが入っただけだったのです。

下の写真は、ひび割れたモルタルの一部をドライバーでこじって剥がしてみたところです。
茶色い線は、ひび割れから雨水と一緒に染みこんだホコリによる汚れであって、コンクリートにひび割れは見られませんでした。したがって、調査の範囲で「構造的な問題はない」という結果になりました。

ひび割れ3


また、とあるセミナーで、一級建築士無料相談会の回答者として呼ばれていった際に相談を受けたのも、これと同様、基礎のモルタルひび割れと思われる様なものでした。
相談に見えた方は、ひび割れ部分の写真を持ってこられていたので、概ね見当が付きました。
ただ、自分の目で直接見ていないので、「叩いたり、ひび割れの周辺を一部剥がしてみて、コンクリート自体にひび割れが無いかを確認した方がいいですよ。」とアドバイスさせていただきました。

このようなモルタル(お化粧)のひび割れは、構造的な悪影響はありません。
ご自分でもチェックができますので、やってみて下さい!
慌てて、飛び込み営業の業者さんの言い成りになって、無駄な工事などしないようお気をつけ下さい。
全てが全て悪い業者とは限りませんが、そのような業者がいるという話を聞きますので。。。。。



[2011/07/05 18:35] | 建築知識あれこれ | page top
15年ぶりの再会
久々のブログ更です(^^;

今日、前の会社の新人時代に設計と現場監理を担当した中学校に約15年ぶりに訪れました。
15年前に新築された私立中学校が増築をするということで「基本計プランを考えて欲しい」というのが、訪れることになったきっかけです。
紆余曲折があり、以前に在籍していた会社は現在その学校の設計には携わっていないとのことで、新築当時の理事長の思いやコンセプト、学園のイメージを知っている者・・・ということで、巡り巡って声が掛かりました。

久しぶりに現地に立った瞬間は、15年という何月を一気にワープしてしまいました。
当時の完成したときの感動、工事途中に悩んだ問題、お施主さんとの長時間の検討会議など、様々なことがよみがえってきました。
当時の施設担当だった方もまだいらっしゃり、久しぶりの再会に当時の話題で盛り上がりました。

ホール外観


室内の、かつてはピカピカだった床や壁は、さすが育ち盛りの子供たちが通う学校なので劣化や損傷は至る所で見られましたが、外観はほぼ当時のまま綺麗でした。
設計者は、建物が完成して引き渡してしまえばそれで役目が終わってしまうことが多く、その後どのような様子で使われているかは、なかなか知ることが出来ません。
今回、こうして再び巡りあうことが出来たことは、設計をするものとしてはとても嬉しいことです。
十数年ぶりに我が子にでも会う様な気分です!

グラウンドから

階段


増築されるということは、学園が発展しているということ。
思いがけない今回のご縁に感謝し、学園発展の礎となる建物を、再び考えたいと思います!




[2011/06/09 20:41] | スタッフつぶやき日記 | page top
<<前のページ | ホーム | 次のページ>>