FC2ブログ
地震でエスカレーターが落下
今日から12月ですね。かなり寒くなりました。
ブログの更新が大分遅れてしまいました・・・すみませんm(__)m

さて、今日は衝撃的なニュースを目にしました。

3月11日の大地震とその余震で、仙台や福島の商業施設(3店舗)で、なんとエスカレーター4基が落下していたのだそうです。

「下層のエスカレーターを押し潰す様に落ちた」と書かれていました。
想像しただけでも恐ろしい状況です。
幸いにも けが人はいなかったとのことで、本当に良かったです。

エスカレーターが落下したこと自体もかなり驚きですが、それより、そのことが今日まで明らかにされていなかったことも驚きです。
業界団体、政治力が働いたのでしょうか・・・?

エスカレーターというのは、上下階の梁に金具で引っ掛け、片側は梁に固定し、もう片側は固定せず、地震で建物が変形しても、エスカレーターに無理な力が加わらないようフリーな状態にしてあります。

フリーになっている側の、梁とエスカレーターの掛りしろは、国で基準を定めています。
今回は、その基準に照らして明らかな設計ミスや施工ミスはなかったと言われています。
(基準を超える「想定外の」大きな動きがあったのでしょうか?)

一方で、ある施設では設計と異なる方法で施工されていたことが判明している、との話もあり、大地震だけが落下の原因ではないとの見方もあるようです。

大震災以降、私たちが調査した首都圏の建物でも、エスカレーターの周りの床材が割れるなど、地震でエスカレーターが大きく揺れたことによる被害がいくつかみられました。
その時はまさか、落下したものがあったなどとは思ってもいませんでした。

国は今、基準の見直し・落下防止対策の義務付けを検討しているとのことです。
対策の義務付けが決まれば、建物オーナーにとっては多くの費用負担が生じます。
また、実際の工事となると、費用・工事時期などいろいろな問題があると思われますが、不特定多数の人々が日常的に利用する設備ですので、安全性の確保には最善を尽くしていただきたいと思います。

それにしても、今回 けが人が出なかったことは 本当に奇跡的なことだったと思います。


スポンサーサイト



[2011/12/01 18:35] | 建築関連ニュース考察 | page top
| ホーム |