FC2ブログ
15年ぶりの再会
久々のブログ更です(^^;

今日、前の会社の新人時代に設計と現場監理を担当した中学校に約15年ぶりに訪れました。
15年前に新築された私立中学校が増築をするということで「基本計プランを考えて欲しい」というのが、訪れることになったきっかけです。
紆余曲折があり、以前に在籍していた会社は現在その学校の設計には携わっていないとのことで、新築当時の理事長の思いやコンセプト、学園のイメージを知っている者・・・ということで、巡り巡って声が掛かりました。

久しぶりに現地に立った瞬間は、15年という何月を一気にワープしてしまいました。
当時の完成したときの感動、工事途中に悩んだ問題、お施主さんとの長時間の検討会議など、様々なことがよみがえってきました。
当時の施設担当だった方もまだいらっしゃり、久しぶりの再会に当時の話題で盛り上がりました。

ホール外観


室内の、かつてはピカピカだった床や壁は、さすが育ち盛りの子供たちが通う学校なので劣化や損傷は至る所で見られましたが、外観はほぼ当時のまま綺麗でした。
設計者は、建物が完成して引き渡してしまえばそれで役目が終わってしまうことが多く、その後どのような様子で使われているかは、なかなか知ることが出来ません。
今回、こうして再び巡りあうことが出来たことは、設計をするものとしてはとても嬉しいことです。
十数年ぶりに我が子にでも会う様な気分です!

グラウンドから

階段


増築されるということは、学園が発展しているということ。
思いがけない今回のご縁に感謝し、学園発展の礎となる建物を、再び考えたいと思います!




スポンサーサイト



[2011/06/09 20:41] | スタッフつぶやき日記 | page top
| ホーム |