FC2ブログ
新たな都心ビルの活用法!?「植物工場」
いま、農作物を建物内で育てる技術が注目されています。

温度や湿度、炭酸ガス濃度など空気の状態や光の強さ、肥料の量や濃度などを
コンピューターで制御する、言ってみれば「植物工場」です。

食の安全・安心へ関心が高まる中、自然災害や気象条件に左右されず、
安定的な収穫が期待でき、閉鎖空間のため無農薬で栽培が出来る、
大消費地に近い都市部でも栽培できる・・・など考えればメリットがたくさんあります!

近年の地球温暖化による異常気象や、自然災害による農作物被害のニュースを
聞くたびに、丹精込めてつくってきた農家の人々のことが思い浮かび、
とても心が痛みます。
貿易自由化、農業保護、食料自給率など、今の日本には国を挙げて
解決しなければならない食に関する問題もたくさんあります。
技術の進歩によって実現可能となった「植物工場」が、新たな農業スタイルとして、
既存の農業従事者とも連携して共存ができれば、
生産者、消費者等々、誰にとっても幸せな事だと思います。

都心の空オフィスを改修して植物工場にしたり、自社ビル内に畑や田んぼを作り、
トマトやレタス、水菜などの野菜やお米を作ったりしている企業も出てきています。
「野菜・果物は路地ものじゃなきゃ!」などと言っていられた平和な時代。
路地もの野菜なんて、最近では特別で贅沢なものになってしまった気がします。
近い将来「丸の内の朝どり野菜!」なんていうのを食べる日も
そう遠くないかも知れません・・・。

植物工場の野菜は制御された人工照明の元で育つので、日当たりの悪い
都心のオフィスビルなどは格好の場所かも知れませんね。
この不景気にあって、空ビル・空室の有効的な利用法のひとつだと思いました。

建物調査の依頼があったらどう書きましょうか・・・(^^;



スポンサーサイト



[2010/08/03 23:20] | 建築物に関する日記 | page top
379mの職場
今朝の朝日新聞にこんなコラムがありました!

遠くから、時にはそば行って足元から見上げていた
今日本中が注目のあの場所についての話です。
とても興味深く読ませてもらいましたので、原文のまま
ご紹介させていただきます(^^)/


 1.5m四方のその部屋は、辺見厚志さん(35歳)の小さな「城」だ。
朝8時に入ると、仕事が終わる夕方5時まで一度も離れない。
簡易トイレもあれば、冷蔵庫も電気ポットもある。昼休みには
弁当を食べ、テレビを見たり、読書をしたり。自分だけの空間は
「けっこう快適」だ。

 いまは、地上379mにある。おそらく人間がつくったものの中で一番
高いところだろう。そこは、工事中の東京スカイツリーのてっぺん。
建築材を吊り上げるクレーンオペレーターの部屋だ。

 毎朝15分かけて、まず2台のエレベーターで330mまで。次に階段を
上り、最後ははしごだ。雲や霧で下が見えないこともある。
モニター画面で地上の様子を確認し、無線でやりとりしながら作業する。

 高いところは慣れている。それでも日本の高さには発見があった。
同じ目線に見える飛行船。のんびり動いているようだが意外に速い。
東京タワーの高さを超えた時は、何機もヘリコプターが撮影で迫ってきた。
「かなり近づくなあ。風が強く吹いたらぶつかるかも」と想像してみたりした。

 毎朝、天気予報を確かめるのが日課だ。作業への影響も気になるが、
それ以外に楽しみもある。大気中のちりが雨で流され、翌朝晴れると、
絶景が待っている。

「思わず拝みたくなるような富士山。自分だけの優越感に浸れます」


                (2010年5月19日 朝日新聞 朝刊より)


常に危険と隣り合わせで、わずかなミスが大事故につながりかねない任務。
ストレスも相当なものだと思います。
「絶景と優越感」・・・これくらいのご褒美があってもいいですよね!

世界一を目指し日々がんばっている この辺見さんをはじめ、現場の方々に、
工事の安全と敬意を込めてエールを送りたいと思います \(^^)/




[2010/05/19 12:15] | 建築物に関する日記 | page top
展望台の工事が始まりました! 【東京スカイツリー】
晴天に恵まれたゴールデンウイークも明け、大空に向かって
スクスクと成長を続ける東京スカイツリー。

天気の良かった週末に、亀戸天神の藤を愛でつつ、
スカイツリーまで散歩をしました!

その日の高さは368m。

ちょうど第一展望台の下端の斜めにせり出す
鉄骨の取付けが始まっていました(^^)/

Skytree01


この第一展望台は、東京タワーのてっぺんより はるかに高い位置ですが、
さらに第二展望台はその100m上に出来ます。

自分は、下から見上げるだけで十分ですね。
東京タワーの展望台でも足がすくみましたから・・・(^^;

Skytree02


隅田・江戸川・葛飾など東京の東側は高い建物が少なく、
どこからでもその姿が見えるようになってきました。

ただ上へ上へと単調に伸びる段階から、今度は展望台の
横への広がりも見えてくるでしょう!

Skytree03

さて、次はどんな姿を見せてくれるのでしょうか(^_^)



[2010/05/10 19:10] | 建築物に関する日記 | page top
300m突破!
東京スカイツリーが今日、ついに300mを突破したそうです。
世界一の電波塔ということですが、そのデザインには賛否両論。。。

タワーといえば、東京タワーのあの大地に足を踏ん張った安定感のある
あの形をイメージしてしまうのですが、これは足元からスリムですね。
地面からスッとタケノコが生える感じとでもいいましょうか・・・。

東京タワーが建設された頃に比べれば技術の進歩は飛躍的で、構造的には
何ら問題はないのでしょうが、何かシックリきませんね~。

このような大きな構造物について使う言葉なのか分かりませんが、
前にも書いた『機能美』 というのがもっと前面に出てもいいのではないか、
と感じました。

まぁデザインの好き嫌いは人それぞれですし、最初の印象はダメでも
後から好きになってしまうなんていう事はありますからね・・・。


スカイツリー



上の写真は去年11月に自宅近くで撮ったもので、まだ200mくらいですね。

3ヶ月で100m伸びました!
ということは、計算上1日に1.1mずつ伸びていることになります。

今日で300mですか、、、まだまだ半分ですね。

デザインはどうであれ、日々伸びていく姿を毎日通勤電車から
観察するのは楽しいものです

事故なく無事に完成して欲しいものです!!


[2010/02/16 20:44] | 建築物に関する日記 | page top
| ホーム |