FC2ブログ
日本酒に数滴。。。
8月ももう終わりですが、まだまだ日中は蒸し暑く、仕事を終えてからのビールが美味しい陽気に変りはありません。

先日、知人の実家で採れたという「かぼす」をいただきました。
しかもダンボールいっぱい!

kabosu

さぁ、こんなにたくさんどうやっていただこう(^^ゞ


かぼすといえば、焼き魚に絞ってかけたり、鍋物のつけ汁に絞って入れたりするものですよね。
あとは鯛やホタテの刺身に絞ったり・・・。
お酒好きな人なら「かぼすサワー」なんかも思いつきますよね。

で、焼酎にかぼすが合うのなら・・・・・ と、思いついたのが「冷酒にかぼす」です(^^)

これがバッチリ合ったんです!!
暑い夏にピッタリの爽やかな飲み口になったんです。
お猪口に1~2滴で、香り高い吟醸風。(ちょっと褒め過ぎ?)
4~5滴いくと、まるでかぼすサワー。

邪道な飲み方で、蔵元さんには申し訳けないのですが、ビールやサワー系のお酒と比べ、夏にはちょっと重たいイメージのある日本酒ですが、かぼすの爽やかな柑橘系の香りとほのかな酸味が見事にその重さを中和してくれるんです!

sake


ぐいぐいとイケてしまいます。
辛口・淡麗系よりは、原酒や山廃などガッシリ系の日本酒に氷を浮かべ、そこに2~3滴がいいのではと思いました。

日本酒好きの方、また、日本酒はちょっと苦手という方も、ぜひぜひ一度 だまされたと思ってやってみてください!
結構やみつきになります(^^)/






スポンサーサイト



[2011/08/28 21:10] | スタッフの趣味日記 | page top
沿線ウォーキング 都電編
1月10日(月) 成人の日 
都電荒川線を「三ノ輪橋」から「早稲田」まで歩きました。
延長12.2km、時速40kmで走る電車に乗れば53分。
そこをぶらぶらと4時間ほどかけて歩きました!

その日は山手線の時とは違い、北風の吹き荒ぶとても寒い日。
熱いお茶をステンレスボトルに入れ、手袋にマフラー姿での出発となりました(^^;

  すれ違うのも厳しいな線路脇の狭い路地
  大きな迷路のような木造密集地に迷い込み
  何度も行き止まりにあったり、方向を間違えたり。。。

子供の頃の「探検ごっこ」を思い出しワクワクしました!

バラの小径

1月というのに既に梅が咲いていたり、沿線の方が手入れされているのでしょうか、バラもたくさん咲いていました。

梅の花

トコトコと走る小さな電車が、ここに暮らす人々の日常の足となり、溶け込んでいる風景は、ゆったりとした時間が流れているようでした。

路上アート

夕焼け

それから、なんとこの日はスタート地点の三ノ輪橋停留所で最高のサプライズがあったのです!
『鉄道写真の神様』と異名をとる広田尚敬さんが、三ノ輪橋で都電の写真を撮っていらしたのです。
レトロなライカで何枚も撮影していらっしゃいました。
すらっと背が高く、穏やかな語り口調でとっても紳士的な方でした。
http://tetsudoshashin.com/naotaka/index.html
以前にも広田先生の写真展でお話をさせて頂いていたので、お会いするのは二度目になります。
ご挨拶の後、少しだけお話をさせていただきました。
「そう、山手線を一周したの? ○○辺りは道、分かりにくいよねー。」
「今日は古い7500形も走っているよ」などと気さくに話してくださいました。
その後のウォーキングがウキウキ気分だったのは言うまでもありません・・・(^^)/


[2011/02/07 21:10] | スタッフの趣味日記 | page top
山手線一周ウォーキング
年の初め、日頃の運動不足解消と、写真・鉄道好きという趣味も兼ね、
近場の鉄道沿線を歩いてみようと思い立ち、さっそく山手線と都電荒川線を
歩いてきました!
もちろん別々の日にですよ

まずは1月3日(月)、山手線です!

朝7時50分 JR秋葉原駅を外周りでスタート。
正月三が日ということもあり、街中はひと気も少なくひっそりとした雰囲気。
でも空は青空、日差しも温かく、晴れやかな気分で歩き始めました 
一周34.5km、電車に乗っていれば約1時間。
何時間かかるのでしょうか?

水のオブジェ

モノレール

新年の清清しい気持ちと、やる気満々で歩けたのは渋谷くらいまで(^^ゞ
その後は、
  『原宿~池袋』は惰性
  『大塚~西日暮里』は忍耐
  『日暮里~秋葉原』の最後の区間はもう意地です

踏切

山手線一周は、実は2度目のチャレンジでして、2年ほど前にもやりました。
前回のタイムは11時間強。今回は前回の11時間を切るのが目標だったのですが、
なんとか達成できました!体力的にも前回よりは楽に感じました。

前回はあまり深く考えず、ハイカットのトレッキングシューズなんかで歩いたので、
かなり痛い目に合いました
それで今回はちゃんとウォーキングシューズで臨んだ結果、タイムも身体にも良かったようです。

靴は目的に合ったものが一番!と実感です。

そんな訳で帰りには飲みに行く元気もあったりして、せっかく丸一日かけて落した
お腹周りの脂肪もたった1時間の打ち上げで元に戻ってしまったのでした

屋台


昭和の風情たっぷりの都電荒川線ウォーキングは、また次回。。。


[2011/01/28 19:05] | スタッフの趣味日記 | page top
お酒のはなし(2) これはイケる!
関東も梅雨に入ったと思ったら、今日はまさかのピーカン
こんな日は日本酒の「冷や」もいいけどやっぱりこれでしょう

最近発見しました!!
KIRINから出ている「1000(サウザン)」

kirin_1000


ご存知でしたか?
もう飲まれましたでしょうか?
発泡酒なのですが、これが美味いんですよ
オススメしたお酒好きの方にも大変好評のようです!
発泡酒なので価格もビールの半分。 お財布にもやさしいのです

「騙されました!」と宣伝していた某発泡酒より私は美味いと思いました!
ビール好きの方、まぁ騙されたと思って一度お試しを~


[2010/06/16 20:07] | スタッフの趣味日記 | page top
お酒のはなし(1)「ぬる燗」を楽しむ。
気温の変動が激しい今日この頃。
ビールを美味しく飲むにはまだちょっと肌寒いような感じがします。
こんな時は、その日の気温や気分に合わせて、自分好みの温度で
味わうことのできる 「日本酒」 などはいかがでしょうか?

世界各国、数あるお酒の中でも「熱燗」から「冷や」まで、
温度の幅がこんなに広いお酒は日本酒くらいではないでしょうか。。。
紹興酒やホットワインというものもありますが、
温度帯の広さではやはり日本酒がトップではないでしょうか!

このところの肌寒い陽気の時には、がっしりとした飲み応えのある
(旨口タイプといったりもします)純米酒などを 人肌程度の『ぬる燗』にして
飲むのがお勧めですね~。
温度で微妙に変化するお酒の味を楽しむのも、日本酒の味わい方の
一つだと思います。

ぬる燗といえば、先日 お土産に頂いた、長野県佐久市にある酒蔵、
大澤酒造さんの 『大吉野』 という純米吟醸酒がまさにぬる燗に
ピッタリのお酒でした!

大吉野

華やかでフルーティというよりは、お米の旨みを引き出した
まさに飲み応えのあるタイプのお酒
でした。
煮込みなど比較的味の濃い料理との相性もよく、いつまでも
飲んでいられるとても味わい深いお酒でした。
長野といえば信州味噌や野沢菜漬け。
長野の地酒は、そんな濃い味付けに負けないような芯のある酒質が
特徴といわれています。

そうそう、燗酒は冷酒に比べてアルコールの回りが早く、量の割に
直ぐにほろ酔い気分になれ、飲み過ぎも防止にもなるのでいいこと尽くめですよ!

日本酒は苦手!とおっしゃる皆さんも、今一度 『ぬる燗』
お試しになってみてはいかがでしょう(^^)



[2010/05/30 23:10] | スタッフの趣味日記 | page top
| ホーム | 次のページ>>